交通事故のトラブルは知識が豊富な弁護士に相談しよう

離婚に必要なもの

離婚の慰謝料には相場が

離婚の慰謝料には相場があります。大抵の場合、200万円から300万円くらいであり、特に浮気なんかはそれくらいが基本です。但し、それで揉めることがあるのは確かです。 離婚というのは、簡単にできることもありますし、そうでない場合があるのです。特に一方に非が偏っているときには話が早く済むことが多いです。非がはっきりとしているときの離婚の慰謝料の話は纏まり易いのです。 ちなみに誰も入れずに離婚の話をすることもありますし、弁護士に依頼する場合もあるのです。とにかく感情的になるときもありますし、慰謝料の額の交渉で無理をする人も多いのです。相場を無視して要求する人も少なくないのです。 非があるほうが悪いのは確かですから、負い目を感じるのは間違いないのですが慰謝料は相場、或いはそれ以下にするために弁護士に依頼するのは別に卑しくはないのです。

離婚の慰謝料とは

離婚の慰謝料というのは、大原則として悪いほうが支払うのです。それをたまに勘違いしている人がいます。離婚の原因を作ったほうが慰謝料を支払うことになります。 相場がないわけではないのですが、収入が多い人は多く支払う傾向があり、協議離婚で手っ取り早く成立させたいときや親権を渡す条件で慰謝料ではないのですが、似たような形で支払う場合もあります。 ちなみに色々と離婚の理由がありますが、一番多いのは性格不一致です。要するに合わなかった、ということです。この場合はどっちが悪いというわけではないので財産分与はありますが、慰謝料がないことが多いです。浮気の場合は、確実にあります。相場として200万円程度です。但し、長期的で悪質な場合は高くするときもあります。